TSURUMI こどもホスピス TSURUMI こどもホスピス

HOMEお知らせ > ~ようこそ、おこしやす♪~京菓子を味わいながら・・・第19回『ビリーブのじかん』を開催しました。

お知らせ

TOPICS

~ようこそ、おこしやす♪~京菓子を味わいながら・・・第19回『ビリーブのじかん』を開催しました。

2018.05.11 / 活動レポート

(『ビリーブのじかん』・・・最愛のお子さまを見送られたご家族と、同じ経験をもつビリーブのメンバーが、美味しいお菓子と飲み物を楽しみながら友のように過ごすイベント)

ポカポカ陽気の5月。
お部屋の大きな窓から、さわやかな風を感じ・・・
中庭の緑や満開のお花を眺めて、心を優しくほぐしていき・・・
テーブルに所狭しと並んでいる京菓子に・・・ うわぁーお!
「ニッキ」味の固目の八つ橋はもちろん、「抹茶」「マンゴー」「ラムネ」味の生八つ橋!
それらを口に運びながら、「懐かしい~」「うわぁ、めちゃマンゴー♪」「すごい!ラムネ!」などと、
はしゃぐ声が室内に響きます。
百貨店で30分も並んでゲットした和生菓子も大皿に山盛りです。
そして、この日のために、お菓子作りの得意なメンバーが、抹茶プリンを作ってくれました。
甘さ控え目の上品な抹茶プリンにスプーンを入れると、なんと濃淡の三層になっているではありませんか!
技ありのスイーツに脱帽しながら、みんなで仲良く舌つづみ。

今回も、初めて参加のママや何度も来てくださっているママ達と、ゆっくりお話をさせて頂きました。
ママが子どもをいとおしく想う気持ちはみな同じ。
そして、子どもの声が聴けない、抱きしめられない、見守ってあげられない、そんな辛く悲しい毎日を
なんとか生きてきた私たち。

レジャーを楽しんでいるご家族の姿、元気に笑っているお子さまの姿を目にし、切ない・・
お天気なのに、心がざわつく・・・
今までのように日常生活がままならない・・・
この想い、いつまで続くのだろうか・・・

普段は話せない心の声を、みんなでわかちあいます。

おしゃべりの後、以下のコメントをいただきました。
「周りの人に話せない様なことも、たくさん話せて良かったです。」
「人それぞれ悲しみの表現方法が異なることを改めて思いました。」
「いつもこちらでお話しすると、ホッとします。」
「娘のことを話せる場所が少ないので、こちらにはずっと来たいと思っています。」
「ゆったりとした気持ちで、息子のことを想うことができました。」
「初めて参加させていただきましたが、やさしく和やかな雰囲気で、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。」

来訪者の皆さま、ゴールデンウィーク中にもかかわらずご参加いただき、ありがとうございました。
(そして、食べきれなかった京菓子をお土産に持って帰っていただきました♪)

次回は6月3日(日)14:00~16:00を予定しています。
6月のお楽しみは…『あの?!有名な??!!チーズタルト』です♡

もちろん無料ですし、1度だけの“フラッと参加”も“リピート参加”もOKです。
ご自身の想いをお話ししてくださってもいいし、みんなの会話を聴いてくださっているだけでもOKです。
『ビリーブのじかん』は、ゆったりと過ごしていただける場所と時間をご用意しています。
もしよかったら、どうぞ遊びに来てくださいね。