TSURUMI こどものホスピス TSURUMI こどものホスピス

HOMEお知らせ > ~春を感じながら~ 第7回『ビリーブのじかん』を開催しました♪

お知らせ

TOPICS

~春を感じながら~ 第7回『ビリーブのじかん』を開催しました♪

2017.04.18 / 活動レポート

(『ビリーブのじかん』・・・最愛のお子さまを見送られたご家族と、同じ経験をもつビリーブのメンバーが、美味しいお菓子と飲み物を楽しみながら友のように過ごすイベント)

ぽかぽか陽気の昼下がり、チューリップなど春のお花に包まれながら、第7回『ビリーブのじかん』を開催しました。今回のお楽しみは、お抹茶と春の和菓子♡。茶道経験のあるメンバーが、京都に行って美味しいお抹茶と和菓子を悩みに悩んで選んできました。桜の花びらやクローバーの飾りが付いた生菓子、蝶やアユの形をした生菓子に、またまた「どれにしよう~」と嬉しい悲鳴。来てくださったママに茶せんの使い方を教えて頂きながらお抹茶をたて、春の生菓子と一緒にお抹茶を味わいました。もちろん、「結構なお手前で、おいしゅうございました」ょ。

『ビリーブのじかん』は、来てくださった方同士やメンバーが1対1でお話したり、数人でお話したり、途中で席を替わったり…と、自由で気ままな2時間をゆったりと過ごします。今回も、悔しい、悲しい、後悔、会いたいなどの身を削られる想いと、かわいい、いとおしい、ありがとうなどの優しい想いが交差しました。いつもの日常生活ができなくなったり、急に涙が出てきたり…、私はどうなるんだろうという不安に襲われる感情もわかちあいました。

また、お子さまとお別れになった状況も、事故であったり、病気であったりと違うこともあります。その中で共感しあえる親としての想い、そして気づき…。あの時の気持ち、今の気持ち、これからのこと…など、いろんな気持ちを、来てくださったママとメンバーが心を開いてわかちあいます。

今回も来てくださったママから「どこにも感じなかった『しっくりくる』場所だなと感じました。こんなふうに助かる言葉を頂くことが出来て、私は生き延びてこれたかもと思います。少しずつでも前を向こうと思えるようになりました。」「息子がいなくなって止まった時間、私の過ごす時間の中で、息子の存在が、立ち位置が、少しずつ変わっていくのかもしれないなぁと感じることができる時間でした。」「心置きなく泣けて笑える場所と時間。日々過ごしていく中でとても大事な場所になっています。落ち込む時もありますが『ビリーブのじかん』で少し浮上して、また過ごしています。」とお言葉を頂きました。

来月は5月21日(日)14:00~16:00を予定しています。お楽しみは『デパ地下スイーツ』~~~♪
もしよかったら、遊びに来てくださいね。