TSURUMI こどもホスピス TSURUMI こどもホスピス

HOME > 私たちについて > 理事長メッセージ・役員のご紹介

理事長メッセージ

PRESIDENT

LTC 写真

私たちと一緒に、
重い病気の子どもと家族を
支えていただけませんか?

生命を脅かされる病気と共に生きる子ども、きょうだい、保護者の日々は、私たちが当たり前に享受している暮らしとは随分かけ離れています。学び、遊び、出会い。こうした子どもらしい体験は「病気と共に生きる」事によって著しく損なわれてしまいます。保護者は限られたリソースの中から看護の為の時間を新たに捻出しなければなりません。そのご苦労と共に、きょうだいはとても寂しい思いをしています。何よりも、社会の側にこのようなご家庭が普通に暮らす為の受け入れ準備が殆ど成されていないのが日本の現状です。

TSURUMIこどもホスピスは、こうした社会課題を先進的に取り組んで来た、英国のモデルを日本で先駆けて推進しています。それは、どんなに厳しい境遇の最中にある子どもであっても、その子らしい成長があり、その家庭らしい穏やかな暮らしがあるという事。そして、その一助になろうと心に決めた市民によって構成された民間の活動である事を大切にしています。これからも活動の輪を広げ、こうしたご家庭が心から承認される豊かで優しい地域社会の創出を皆様と共に歩んで行きたいと願っています。

高場秀樹


役員のご紹介

INTRODUCTION OF OFFICERS

代表理事

高場秀樹(たかばひでき)

(株)ワン・トゥー・テン・ホールディングス代表取締役専務。重い病気をもつ子どもの親として、病気をもつこどもや家族が気軽に集い安らげる場の必要性を感じ、当法人を結成し、理事長に就任。

  • 副理事長

    原 純一(はらじゅんいち)

    大阪市立総合医療センター 副院長
    小児医療センター部長・小児血液腫瘍科部長

  • これまで小児腫瘍医として数百人の子どもたちの最期を看取ってきました。子どもの死ほど理不尽なことはないといつも思ってきましたが、避け得ぬ死というものもあるのも現実です。たとえこのような過酷な状況であっても、子どもとその家族に幸せをもたらすことはできると信じています。そのための活動でありたいと思っています。

  • 常務理事

    多田羅竜平(たたらりょうへい)

    大阪市総合医療センター 緩和医療科部長・緩和ケアセンター長

  • わが国で初めての子ども専用のホスピス施設であるTSURUMIこどもホスピスがオープンし、医療・福祉制度から独立したフリー・スタンディング・スタイルの画期的な取り組みが始まりました。一人でも多くの人たちと共に、生命を脅かす病気とともに暮らす子どもたちとその家族を支える活動が続けられることを願っています。
    Children First・・・まず子どもたち、それから私たち。

  • 理事

    安道照子(あんどうてるこ)

    小児がんの患児・家族をサポートするNPO 法人 エスビューローの代表を務める。

  • 小児がん領域でのわが子の闘病、喪失の経験をふまえ2000年に団体を設立。小児がん全国大会を毎年開催し、最先端の医療講座、復学や心理社会的支援のシンポジウム、困難な人生にどう立ち向かうかを考えるワークショップ、経験者向けサマースクール等を開催しています。これらのノウハウをTCHでも生かしていきたいと思います。

  • 理事

    坂下裕子(さかしたひろこ)

    こども遺族の会 小さないのちの代表。
    当法人の遺族グループ「ビリーブ」のメンバーでもある。

  • 長年、子どもを亡くした家族の会(小さないのち)を運営してきました。私が娘を亡くした時、小児科に、遺された家族とかかわる取り組みや遺族同士がふれあう場はありませんでした。TURUMIこどもホスピスは、お子さんともご家族ともずっと繋がる故郷のようなところになればいいな、と思っています。

  • 監事

    奥谷敏之(おくたにとしゆき)

    株式会社アナグラムワークス会長。

  • 私がCHP活動のことを知ったのは高場代表理事との出会いによります。その活動趣旨に大きな感銘を受けた私は、CHP活動に参加させて頂くことになりました。CHP活動はボランタリー精神が礎です。しかしこの活動が継続し、社会の中で「当たり前」の存在となるためには、事業として成立することも必要であるのではと考えます。若輩者ではありますが、事業家の立場、視点から、CHPの「当たり前」化を目指し、今後もお手伝いさせていただだければと思っています。