わたしたちについて 施設案内

自然あふれる大阪・花博記念公園鶴見緑地内にある、大きなおうちのような広々とした空間です。まわりを気にすることなく、家族や友だちと、ゆったり安心して過ごせる環境を整えています。また、敷地内には「あそび創造広場」と呼ばれる地域にひらかれた原っぱも。

1F

1階のフロアマップ
  • 大きな部屋の写真

    大きな部屋

    走り回って遊べる広いお部屋。寝転んだまま乗れるブランコやボールプールなどの大型遊具、おもちゃで遊べます。各種イベントも開催。

  • どんぐりの部屋 / おもちゃの部屋の写真

    どんぐりの部屋 / おもちゃの部屋

    いろいろな年齢の子が興味を持ちそうなおもちゃやゲームを選んで、好きな場所で遊べます。レジンアクセサリーづくりやお絵かきも。

  • 絵本コーナーの写真

    絵本コーナー

    子どもたちが自由に遊んだり、絵本を読んだり、ゲームをしたりできる多目的スペースです。冬場にはコタツを出して過ごせます。

  • カフェコーナーの写真

    カフェコーナー

    子どもたちだけでなく、家族やスタッフが雑談をしたり、喫茶をしたり、思い思いに憩うことのできるスペースです。

  • つるみカフェの写真

    つるみカフェ

    中庭に面し、利用する家族だけでなく、地域のみなさんにもひらかれたスペースです。キッチンを使った食事会やおやつ休憩にも。

  • ちいさな部屋の写真

    ちいさな部屋

    少人数でのお話や、対面での相談に適したお部屋です。

  • お庭の部屋の写真

    お庭の部屋

    家族で宿泊できる、お庭に面したお部屋(5人程度宿泊可能)。ベッド、テレビ、キッチン、トイレ付きで、気兼ねなくのんびり過ごすことができます。

  • 富士山の部屋の写真

    富士山の部屋

    ジャグジー付きの、家族で入れる大きなお風呂。入浴はもちろん、プール遊びにも使われています。壁にはタイルで描かれた富士山と、満月に見立てた照明が。

  • みんなの中庭の写真

    みんなの中庭

    一面の芝生と小さな畑のあるお庭。外遊びが心地よい季節は、水遊びや虫取り、ピクニック気分でお弁当を食べたりと楽しむことができます。

2F

2階のフロアマップ
  • あさひ / ゆうひ / 原っぱの部屋の写真

    あさひ / ゆうひ / 原っぱの部屋

    家族のニーズに合わせた利用ができるシングルタイプの休憩室。各部屋の名前にちなみ、窓から朝日、夕日、原っぱを見ることができます。

  • みんなのテラスの写真

    みんなのテラス

    2階の廊下から外に出られる、大きなデッキテラスです。テラスからは中庭や原っぱを一望でき、外階段から中庭に降りることも。

  • おひさまテラスの写真

    おひさまテラス

    休憩室やみんなのテラスと直結する通路であり、小さな居場所にもなります。冬は、おひさまが入り、暖かくのんびり過ごせる空間です。

  • おとの部屋の写真

    おとの部屋

    ドラムセットや電子ピアノ、ギターや小さな打楽器まで、多様な楽器に触れる音楽室。防音設備も整っているので、思う存分演奏できます。

  • ひかりの部屋の写真

    ひかりの部屋

    光、音、におい、振動、温度、触覚の素材を組み合わせたリラグゼーションのお部屋です。スヌーズレンを設置しています。

  • みんなの部屋の写真

    みんなの部屋

    大勢が食卓を囲めるダイニングキッチン。子どもが遊んでいる間、親がのんびり過ごしたり、家族同士の交流をしたりする場所です。

  • おおやねの部屋の写真

    おおやねの部屋

    家族で宿泊できる、三角屋根のお部屋。ベッド、テレビ、キッチン、トイレ付きで、気兼ねなくのんびり過ごすことができます。

3Dマップ

「Matterport」にて、
館内の様子をご覧いただけます。

3Dマップを見る

あそび創造広場

「あそび創造広場」とは、こどもホスピスの建物や屋外の原っぱを含めた土地全体のことを指します。病気や障害の有無にかかわらず、あらゆる子どもたちの創造性と協働性を育む、遊びと憩いの場です。子どもが本来持っている「遊ぶ力」を引き出すため、重い病状の子どもたちや兄弟姉妹も含め安心して過ごし、のびのびと思いきり遊べる空間であること。季節によってうつろう動植物の営み、いのちの大切さを感じられる場であること。そのような、地域にひらかれた場をめざしています。

「原っぱエリア」の利用について

「あそび創造広場」のうち、建物と中庭以外のエリアを「原っぱエリア(パブリックエリア)」と呼び、市民の方に開放しています。開門時間中はどなたでもご利用いただけます。広い原っぱ、草木生い茂る丘での遊びやお散歩をお楽しみください。

原っぱエリア(パブリックエリア)の空撮写真
開門時間
月・木・金・土・日曜日10:00~17:00(夏季休館8/11〜15、冬季休館12/28〜1/4は閉門)
注意事項
火気の使用、ペットの同伴、激しい球技等はご遠慮ください。
飲食は自由にできますが、ごみはお持ち帰りください。
中庭およびホスピス建物内に、了解なく入ることはできません。

広場の活動事例

中庭で「スマイルデイ!」

和歌山のアドベンチャーワールドさんとの共同企画。いろいろな動物たち、飼育員のみなさんと交流できる、利用者限定のイベントなども。

「活動レポート」を読む
中庭で「スマイルデイ!」

原っぱエリアで「マルシェ」

キッチンカーや屋台、企業ブース、ワークショップブースなどが原っぱに並ぶマルシェ。大道芸人やミュージシャンによるライブなども。

「つるしば」特設サイトを見る
原っぱエリアで「マルシェ」

「広場」連携プログラム

「子ども」「子育て」「チャリティ」などのプログラムを実施する地域の団体を募集し、つるみカフェ・中庭・原っぱエリアなどの場の提供を行っています。

案内を読む
「広場」連携プログラム