TSURUMI こどもホスピス TSURUMI こどもホスピス

HOMEお知らせ > 3/3(日) ~可愛いイチゴのおひなさまと 一緒に~ 第27回『ビリーブのじかん』を開催 しました♪

お知らせ

TOPICS

3/3(日) ~可愛いイチゴのおひなさまと 一緒に~ 第27回『ビリーブのじかん』を開催 しました♪

2019.03.13 / 活動レポート

(『ビリーブのじかん』・・・最愛のお子さまを見送られたご家族と、同じ経験をもつビリーブのメンバーが、美味しいお菓子と飲み物を楽しみながら友のように過ごすイベント)

この時期特有の三寒四温の肌寒さを感じる日でしたが、TSURUMIこどもホスピスの庭に出てみると、マーガレットの可憐なお花が咲いているのを見つけました。他にも、枯れた地面に小さな若芽が・・。少しずつ、春が芽生えているのでしょう。

今回のカフェは、3月3日(日)ひな祭りの日にちなんで、春待ちのスイーツをご用意しました。
スタッフ手づくりのイチゴのおひなさまに、思わず、「可愛い―」の声が・・・。
ボックスケーキの横にちょこんと座った“おだいりさまとおひなさま”。食べてしまうのが惜しくて、いつまでも眺めていたくなりました。

2月17日(日)のセミナーにご参加くださった“お子さんを見送られたご家族”が何組さんか、今回のカフェにも足を運んでくださり、良い出会いをさせていただきました。

お子さんを見送って日の浅い方、年月がある程度経過された方・・・。
想いいっぱいに語ってくださるお話の向こうにお子さんの姿を想像して、胸が熱くなりました。

我が子との思いがけないお別れがあまりにつらくて、

我が子にちなんだ行事があった日が近づくと、
今も、あの日に立ち返り、つらさが押し寄せます。
“記念日反応”ってゆうんですって・・・。
日常ではなかなか、話せる相手がいないけれど、
ここでは、どんな想いも話せます。

仲間に気持ちを共有してもらい、一人じゃないって
感じると、少し、自分が支えられます。

今回もクロウズの時間ぎりぎりまで、お話が尽きる
ことはありませんでした。

来訪してくださった方からは、以下のコメントをいただきました。
・「可愛いひな祭りのスイーツに心癒されました。自分の心のもやもやと残された兄の話をたくさん聴いていただき、ありがとうございました。」
・「最近、娘のことを話す機会が減ってしまっているので、娘の話ができて良かったです。」
・「美味しいスイーツと心温まるお話をありがとうございました。我儘な私の話を笑って聴いてもらえるこの場所に感謝します。」
・「何年も前のお話を聴いていただく機会をありがとうございました。穏やかな時間でした。」
今年度の活動が無事に終了しました。これまで支えてくださったたくさんの方々へ感謝を込めて、ありがとうございました。
そして、あたたかな春へ向かって「ビリーブのじかん」は続きます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

※来月からは、カフェの開催時間が変わります。
13時30分~15時30分。スタートの時刻が30分繰り上げになります。

来月は、4月7日(日)13:30~15:30を予定しています。
お楽しみは、『春の WAKUWAKU!スイーツ』♪

About us

もちろん無料ですし、1度だけの“フラッと参加”も“リピート参加”もOKです。
ご自身の想いをお話ししてくださってもいいし、みんなの会話を聴いてくださっているだけでもOKです。
『ビリーブのじかん』は、自由に過ごしていただける場所と時間をご用意しています。
もしよかったら、どうぞ遊びに来てくださいね。

※ビリーブは、直接お会いし個別にお話をお聴きする活動もおこなっています(無料、関西圏にお住まいの方)。なお、お電話での面談活動はおこなっておりません。