TSURUMI こどもホスピス TSURUMI こどもホスピス

HOMEお知らせ > 『Meet up』重症心身障害児向けイベント

お知らせ

TOPICS

『Meet up』重症心身障害児向けイベント

2022.04.15 / TCHからのお知らせイベント

Meet up(ミートアップ)

重症心身障害児と家族が一緒に楽しめるピアイベントです。同じ病気や境遇の仲間と知り合い、不安や孤立を感じている保護者の皆さんの気持ちが少しでも楽になれるよう、子どもと家族、そして経験のある仲間と一緒に楽しく過ごせる時間を創り出そうとしています。特に、外出経験の少ない保護者の皆さんに利用を推奨しています。

【「Meet up」の対象者と参加方法】
2022年度新規募集対象:0-3歳の重症心障害児
①Meet up専用LINE公式アカウントに登録
https://lin.ee/uGR238f
LINEを希望されない方はこちらの問い合わせから、「Meet up」への参加を希望する旨を記載し、ご連絡ください。
②申込みフォームへの入力
③電話またはテレビ電話による聞き取り
④申込受付完了
*医療関係者からの問い合わせも、Meetup専用LINE公式アカウントにて受け付けております。

以下都度更新

(2022年5月5日更新)

2022年度 第1回Meet up

【日時】2022年5月22日㈰11-15時
【定員】約8組 ※原則、先着順。(5月5日時点:5組)
【内容】だれかとの出会い、なにかとの出会いを楽しむ1日。
ハウスの室内休憩スペースを利用しながら、自分たちのペースで同日広場で開催している「つるしば」にご参加いただけます。【タイムスケジュール】
集合とお帰りは自由です。おすすめは11時着です。
11時 つるしば開始
お昼ご飯(Meet up参加者は、室内をご利用いただけます。)
自由時間
15時 室内休憩スペース片付け:1階トイレは16時まで使用できます。
16時 つるしば終了

【注意事項】
*雨天中止。最終判断は前日です。
*TSURUMIこどもホスピスは医療機関ではありません。看護師は常駐しておりますが、医療的ケア等は行いません。また中央配管等の医療設備もありません。
*3口コンセント対応可。注入等の水、お湯はウォーターサーバー(アクアクララ)をご利用ください。

【当日のアクセスについて】
花壇のある西門から園路を通って広場側の玄関へお越しください。


●車でお越しの方
ホスピスの駐車場に限りがあるため、原則近隣の駐車場をご利用ください。以下は近隣の大きい駐車場になります。

①鶴見緑地 中央第1駐車場(ゲート近くがホスピス側)
※障がい者手帳による割引についてはURL先の最下部をご確認ください。

②鶴見緑地湯元「水春」の駐車場(水春の入口や駐輪場がホスピス側)
※割引サービスはありません。20分100円。

 

(2021年11月28日更新)

Meet up①の報告/2021年11月7日実施

同日開催:「こどもホスピスマルシェ」のレポートはこちら

参加した6組のみんな、「Meet up」によく来てくれました。ありがとう。
それぞれにいろんな準備があって、ドキドキしながら鶴見緑地に到着し、ワクワク(ドキドキ?)しながらマルシェを通り抜けて、ハウスの中へ入ってきたのではないでしょうか。

「Meet up」は人やモノと出会うプログラム。そしてマルシェは、ホスピスの利用者と地域の人の両方が楽しみながら、緩やかに繋がる場所です。
生まれてから長期入院から在宅での生活がはじまり、外出はデイサービスや近くの公園に限られている。重い病気の子どもたちがあたり前のように過ごせる地域社会。車椅子の通りやすい道やエレベーターのある駅など、バリアフリーは進んでいますが、バギーから下りて休憩できる、医療機器の電源のためのコンセントがある、吸引や排痰の音を気にしなくていい場所はほとんどありません。でもそれ以上に、外出先で向けられる視線も、一歩踏み出しにくい雰囲気をつくっているかもしれません。

私たちが街でバギーの子を見かけると、「知ってる子かな」とか「今、ちょっと手が足りないかな」と視線を向けます。「このバギー見たことない」「あの吸引機どこのかな」「〇〇使ったらいいのに」、そう思いながらバギーのお子さんを見ているママやパパもいるのではないでしょうか。この日、Meet upやマルシェに参加した人は、見覚えのあるバギーを見かけると、きっと気になって目で追ってしまうかもしれませんが、それはあったかく見守っている視線です。

ずっとたくさんの人が「大丈夫、なんかあったら力になる」と思っているよ。

(2021年11月5日更新)

Meet up ①告知

【日時】2021年11月7日㈰11-15時
【定員】約6組
※原則、先着順となりますが、申込数が多くなった場合には抽選に変更する場合があります。(申込締切10月末。)

【内容】
だれかとの出会い、なにかとの出会いを楽しむ1日。ちょっと先の楽しみをいっしょに見つけましょう。
・バギーからおりてくつろげるスペース
・ママパパ向けのカフェスペース
・きょうだいさんが遊べるスペース
・ホスピスの広場で開催予定のマルシェまでお散歩

【タイムスケジュール】
11時  集合、遅れてもOK
12時  お昼ご飯
12時半 自由時間
13時半 ママとパパのティータイム
14時  ホスピスからご家族へのメッセージ
14時半 お片付け
15時  帰宅

【対象者と参加方法】
対象とする子どもと利用方法のページの 4)コミュニティ利用 をよくご確認の上、①~④の順に申し込み手続きをお願いします。
①LINE公式アカウントに登録
②エントリー情報フォームへの入力
③本人確認のためテレビ電話
④申込受付完了
*その他、コミュニティ利用に関する問い合わせもLINE公式アカウントで受け付けております。

【当日のアクセスについて】
花壇のある西門から園路を通って広場側の玄関へお越しください。入口となる西門はフットサル場前にあります。
●車でお越しの方
ホスピスの駐車場に限りがあるため、原則近隣の駐車場をご利用ください。以下は近隣の大きい駐車場になります。
雨天時には利用者の車をホスピス前まで誘導します。(ホスピスは公園内にあるため、原則車両は進入できません。)

①鶴見緑地 中央第1駐車場(ゲート近くがホスピス側)
※障がい者手帳による割引についてはURL先の最下部をご確認ください。

②鶴見緑地湯元「水春」の駐車場(水春の入口や駐輪場がホスピス側)
※割引サービスはありません。20分100円。

 

(2021年5月23日更新)

どうして『Meet up』をはじめるのか。みなさんに伝えたいこと

‥‥重い障がいのある子どもを育てていく保護者の願いは、子どもの未来にあります。

「親以外に、子どものことをわかってくれる人が増えたらいいな…」
「みんなから愛される子になってほしい」
「この子のことを知っている人が、ひとりでも多くいたら…」

そんな保護者の願いと、こどもホスピスが目指す、子どもに優しい社会を作りたい想いは同じです。

そのために、こどもホスピスができることは何だろうと、ずっと考えてきました。
ただ、出かけられたらいいんじゃなくて、人と出会えて、仲間ができて、繋がりが増えて行くこと。それはきっと、その子と家族のこれからの未来に、繋がっていくはず…。
そう思ったら、やっぱりホスピスだけじゃだめだ、コミュニティづくりだ!
そして、大事なことは「楽しい」こと。
どうせなら「楽しい」で繋がっているコミュニティがいい。

「必要だから」じゃなくて「楽しいから」のコミュニティ。
楽しいから集まるコミュニティ。
保護者が楽しい、子どもも楽しい、参加した人がみんな楽しい、そんなコミュニティを作りたい。
それが『Meet up』にかける、私たちの想いです。

まだ始まったばかりですが、子どもの未来を考えるコミュニティづくりの一歩です。

2019年春の風景