TSURUMI こどものホスピス TSURUMI こどものホスピス

HOME > 私たちについて > TSURUMI こどもホスピスとは

あそび創造広場
TSURUMI こどもホスピスとは

ABOUT TSURUMI CHILDRENS HOSPICE

TSURUMIこどもホスピスは、命を脅かされたこどもの学び、遊び、ふれあい、やってみたいと思うことを叶え、その子の成長を支える場所。きょうだいや家族がつらいときや悲しいときに支えが得られ、自由に休める場所。たとえ、どんな病気になっても、同世代の子どもたちと同じ経験を生きる時間を大切にしたいー。TCHはそんな病気のこどもと家族にとっての「LIVE DEEP(深く生きる)」を支える、もう一つのお家です。


TSURUMI こどもホスピス(TCH)は、英国の「ヘレン&ダグラスハウス(※)」の理念に共感して作られた日本初のコミュニティ型子ども向けホスピスです。

私たちが対象とする子どもは「命を脅かされる病気(LTC)」の子どもを中心に難病の子どもたち自身の成長を持続的に支援する機能と、家族の看護負担を軽減し、リフレッシュするレスパイトケアの機能を併せ持っています。

子どもの病気の状態や成長段階が多様で、たとえ同じ病名でもそれぞれの症状は多様です。安定しているときもあれば、不安定のときもあり、極めて短い命のときもあります。そういった背景であるため、私たちの子どもホスピスは、平準化されたプログラムが不向きであり、かなり個別な内容を提供していく、彼らにとっての「第2のわが家」であろうとしています。

安心で安全が保障された環境の中で、難病児たちとその家族が心から寛げるよう、医療・教育・保育の専門家を中心とした有給スタッフやボランティアによって運営します。また、広場やハウスの一部を「あそび創造広場」として広く市民に開放し、難病児が一般の子どもとともに遊び、その家族が地域住民と日常的に触れ合う地域交流の拠点として地域全体で難病児と家族を支える基盤となります。

TSURUMI こどもホスピス(TCH)は、難病の子どもたちやその家族の中にたくさんの笑顔が生まれような、豊かな記憶を永遠に紡いでいける家になることを、心から願っています。

ヘレン&ダグラスハウス
1982年、英国オックスフォードに開設された世界初の小児ホスピス。LTC (life threatening children)の子ども、きょうだい、保護者を主人公に、教育や音楽、芸術などを通して成長を支えています。医療・福祉・教育の現場で活躍するボランティアが、友として寄り添い、サービスを提供。施設の運営費は地域の企業や個人からの寄付金で支えられているため、誰でも無料で利用することができます。

TSURUMIこどもホスピス(TCH)の基本情報

住所
〒538-0035 大阪市鶴見区浜1丁目1-77
TEL
06-6991-9135
最寄駅
大阪市営地下鉄鶴見緑地線鶴見緑地駅(徒歩4分)
開館時間
月・木・金・土・日曜日の10~17時
休 館 日
火・水曜
(夏期休館8/11-15、冬期休館12/28-1/4)
面 積
敷地面積 2,000㎡、建設面積636.07㎡、
地上2階延床面積979.11㎡