TSURUMI こどものホスピス TSURUMI こどものホスピス

HOME > 私たちについて > スタッフ一覧・紹介

スタッフ一覧・紹介

STAFFS

スタッフ集合写真

ゼネラルマネージャー

水谷 綾 / ハウス統括

地域福祉・市民活動支援のコンサルタントとして20年。その活動を通じて、こどもホスピスの取り組みに出会いました。当時、自身のがんの闘病が重なったこともあり、生きるの意味を問い、分かちあうことの価値を実感。それが、今ここにいる理由の一つです。皆さまのお力を借りながら、子どもと家族を温かく包みこむ子どもホスピスを、この地にしっかり根付かせていきたいです。

ファミリーケアマネージャー

市川 雅子 / 看護師

小児病棟での勤務時代、子どもが家族と共に暮らすという、あたり前のことの難しさを目の当たりにしました。 そして、病院から在宅につなげるだけでなく、地域の中で家族を見守り続けることの大切さを、ボランタリーな活動を通して実感しました。 お子さんとご家族のかけがえのない時間の中に、一つでも優しい思い出ができることを心から願っています。

アシスタントケアマネージャー

大矢 佳代 / 保育士

総合病院の小児病棟やGCU、NICUにてHPS(ホスピタル・プレイ・スペシャリスト)として外来や入院治療、手術や検査を受ける子どもたちと共に過ごしてきました。 病院での治療をがんばっている子どもたち、入院中、お家でがんばっているきょうだい、家と病院を行き来しながら頑張っているお父さん、お母さんにとってTCHが家族みんなで和やかに過ごせ、メンバー家族やスタッフ、ボランティアとの交流を通して、TCHを創っていけたらと思います。

ケアスタッフ

青儀 祐斗 / 理学療法士

TCHで働くまでは支援学校や小児クリニックで障害のある子どもたちとかかわってきました。 支援学校の生徒のお母さんに「こどものホスピスプロジェクト」のボランティアに誘われ、それがきっかけで「こどもホスピス」を知りました。 安全・安心に子どもたちが思いっきり楽しめる場をみなさんと一緒に創っていくために、まずは僕も一緒になって思いっきり遊びます!

ケアスタッフ

西出 由実 / 看護師

小児病棟やこども病院で看護師をやっていました。 子どもホスピスの誕生は私の長年の夢でした。 これまでなら叶えられなかったこと、我慢してきたこと…ホスピスで一緒に叶えましょう! そして、ホスピスだけでなく、日本中が病気の子どもや家族にとって温かい場所になりますように。 皆さんとホスピスを育てていくことで、叶えたいと思っています。

ケアスタッフ

古本 愛貴子 / 看護師

私は7年間小児科病棟で看護師として働いていました。 ホスピスでは、こども達と遊んだり、ご家族とお話ししたり、ハウスのお掃除をしたり、お庭の草ぬきをしたりと、病棟では感じられなかったやりがい、楽しさ、大変さを毎日感じています。

ケアスタッフ

辻 ゆきえ / 看護師

小児がんの病棟で15年の経験の後、町の小児科クリニックで4年。 病気と闘い祈る日々も、あせもや離乳食に悩む日々も、自分の子どもに幸せでいてほしい、笑顔でいてほしい、という親御さんの願いは一緒だな、と感じる毎日です。 その願いを一緒に実現するために、TCHだからできること、私達だからできることを、考え続けたいと思っています

広場・ファンドレイジングスタッフ

山本 佳史

多文化共生から始まり、復興支援や官民連携など、NPO周辺の様々な仕事と出会ってきました。 TCHでは主にファンドレイジング担当として、あそび創造広場を通じた協働などを進めています。 そんな私の座右の銘は「Foot in the Door」、コミュニケーションも活動も、はじめの一歩から始まります。 ハウスにお越しの際は気軽にお声がけください。

広場・ハウスキーブスタッフ

小林 喜美子

ハウスの管理、清掃、お庭のお世話をしています。 参加ご家族やハウスに遊びに来ていただいた方々に、いつ来ていただいても居心地の良い環境を提供できれば、そしていつかみんなの思い出に残る景色を作りたいなとボランティアさんとともに頑張っています。

経理・総務スタッフ

岩井 弥生

元々、WEB制作会社の経理としてOLをしながら、こどものホスピスプロジェクトの事務全般をお手伝いしておりましたが、自身の出産を機に転職。 イベント等にはなかなか参加ができないので、皆さまにお会いする事が少ないのですが、これからも子どもたちの大切な時間をサポートできるよう、活動していきたいです。